レンジでもパサつかない!【タマゴサンド】の作り方【とろーりなめらか】

サパッとアレンジ
鹿の子
鹿の子

みなさんこんにちは!鹿の子(かのこ)です

 

みんな大好きタマゴサンド。

おいしいけれど、ゆで卵を作るのって結構めんどうだったりしませんか?

鹿の子
鹿の子

ひとり分を作るとなるとなおさら億劫になっちゃう

そこで今回ご紹介するタマゴサンド、卵はゆでません

電子レンジで卵フィリングを作ってしまいます

たった10分で出来上がり。

手抜きタマゴサンド、気になるそのお味はぜひご自身で確かめてみてください!

 

♥このレシピの【おいしい】ポイント♥
卵の加熱時間を守れば、レンジでもパサつかずなめらかに仕上がります!

 

鹿の子
鹿の子

大ざっぱな仕上がりの動画も公開中!

 

【タマゴサンド】~材料~

所要時間:10分
カロリー:490kcal
(カロリーは使用した食品をもとに計算していますが、あくまで目安です)

材料(1人分)

・食パン … 2枚(8枚切り)※1
・卵 …2個
【からしマヨネーズ】
◇からし …小さじ1/3(2g)
◇マヨネーズ …大さじ1/2
【卵フィリング】
卵 …2個
◇マヨネーズ …大さじ1
◇塩コショウ …少々
※1 今回は「フジパン 本仕込」の8枚スライスを使用しました。

【タマゴサンド】~作り方~

卵フィリング作り・卵を加熱する

卵を耐熱ボウルに割り入れます。

軽くかき混ぜます。

このくらい。

黄身と白身は完全に混ぜあわせずに加熱しましょう!
それぞれの食感が残るフィリングが作れます!

ラップはせずに600Wで1分加熱

1分加熱した卵がこちら。


かたまった部分がちらほら。

熱の加わりにムラがでないよう、ここで一度かき混ぜます。
このときかたまっている黄身や白身は崩しておきましょう

もう一度レンジへ。
同じくラップはせずに600Wで今度は20秒加熱

20秒後。ずいぶんかたまりました。

もっとかためが好みの方はここでさらに10秒チン

想像以上に一気にかたまるので、少しずつ加熱して様子をみてください。

 

 

卵フィリング作り・調味料をあわせる

レンジで加熱した卵は熱いうちに砕くように混ぜあわせます。

ここにマヨネーズを加えます。

マヨネーズは熱いうちに加えることで酸味が飛んでマイルドに
塩コショウをお好みでふって卵フィリングが完成です!

そのまま冷まします。

 

 

食パンの耳をカット

卵フィリングを冷ましている間に食パンの耳をカットします。

2枚重ねてカットしましょう。

 

 

からしマヨネーズを作る

からしとマヨネーズをあわせるだけ。

辛いのが苦手な方はこの工程は省いてもOK!
からしマヨを塗らなくても充分おいしく作れますよ!
余談ですが、市販の納豆についているからしは約1g。

冷蔵庫の隅にからしの小袋が眠っているという方は、ここで2袋消費させちゃいましょう!

 

 

食パンにからしマヨを塗る

ラップを少し長めに用意。

耳をカットした食パンを置いて、先ほど作ったからしマヨを塗ります。

 

 

卵フィリングを乗せる

食パンの上に粗熱がとれた卵フィリングを乗せていきます。

かなりとろとろなので、端からこぼれ落ちないよう真ん中に積むイメージで乗せていきましょう

乗せ終わったら食パンを重ねて…

ラップで包みます。

ラップはピタッと隙間なく包んでください!
後はラップごと半分にカット。

 

とろとろなめらかなタマゴサンドが完成です!

 

 

【タマゴサンド】~さいごに~

いかがでしたか?

ずぼらな私らしく、手抜き上等なタマゴサンドをご紹介しました。

これなら忙しい朝にうってつけですよね。

カンタンに。でもおいしい。

そんな願ったり叶ったりのタマゴサンド、ぜひ一度作ってみてくださいね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました